Visitor
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
1777

紙飛行機ランチャー

台風16号が通過する間、紙飛行機ランチャーを考えていました。ランチャーは8年も前から知ってはいましたが、簡単な構造で、運搬が楽で、発射角やバンク角が調節できて、確実で、安くて・・・と条件を付けてみると、なかなか実用的なものがイメージできませんでした。しかし最近ふとしたことで目玉クリップでも紙飛行機を保持できそうだということがわかり、カメラの三脚と組み合わせればなんとかなるとひらめいて即実行。
紙飛行ランチャー
材料は本体の15x15x900mmヒノキ棒、紙飛行機を保持する目玉クリップ、目玉クリップを取り付けるアルミ板、三脚に取り付けるためのナット。
これが完成写真。
IMG_1117.jpg

IMG_1125.jpg

IMG_1128.jpg

IMG_1141.jpg

IMG_1130.jpg

水平発射
IMG_1138.jpg

60度
IMG_1134.jpg

垂直発射
IMG_1135.jpg


バンク角付き
IMG_1137.jpg

IMG_1132.jpg
テストの結果では、1.6mmゴムではこの長さではパワー不足で、長さを1.5mくらいに伸ばすか、ゴムをもっと太くする必要があります。その場合紙飛行機の保持力も強化する必要があるのでクリップに付けた輪ゴムを追加、スポンジをサンドペーパーにするなどします。
関連記事
スポンサーサイト
  • Date : 2016-09-21 (Wed)
  • Category : 研究
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。