Visitor
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
1778

紙飛行機ランチャー改良版

紙飛行機ランチャーは発射パワーが不足でした。そこでパワーを上げるべく以下の改良を行いました。
  • 有効アームの長さを70cmから最大1500cmまで可変に。
  • 紙飛行機をのグリップ力を2倍以上にアップ
  • 全体を黒塗装して品位をアップ
これが今日現在の最新バージョン。
IMG_1211.jpg

アームは15x15x900mmのヒノキ棒を2本仮止めテープで固定しています。長さは最大1500mmまで任意にできます。
IMG_1212.jpg

ゴムは使わないとき側面のねじにひっかけておけます
IMG_1215.jpg

発射する際は三脚に取り付けてこういう角度に向けることになります。角度やバンク角バンク角も自由にできます。
IMG_1213.jpg

アームを三脚に取り付ける部分
IMG_1216.jpg

IMG_1218.jpg

紙飛行機をはさむクリップはゴムシートを貼ってあり、グリップ力は3.2mmのゴムでかなり強くなりました。
IMG_1217.jpg

しかしこれだけの長さのアームを5mmのねじ1個で固定するのはやはり無理がありました。支点はアームの端から重心位置に移動させても同じでした。これは赤い線で示したようにバンドやテープで縛れば大丈夫でしょう。
IMG_1216Z.jpg

今日発射テストを行いました。アームの長さ1400mmでは40cmのゴムは切れる寸前です。2.4mmを使うとパチッと音がした瞬間紙飛行機はすでに数十メートル上を上昇していて追いかけるのが大変でした。よほど調整のできている機体でないと見失います。

このランチャーは実証実験だったのでいつでも分解できるようにテープなどで固定する方法を取りました。実用化するにはアームの伸縮をもっと素早く楽にした方がいいでしょうね。それに頑丈な三脚を選ぶことも必要です。
このランチャーの図面はPDFファイルで無償で提供します。papergliderpilotclub-contact@yahoo.co.jpに連絡をください。

関連記事
スポンサーサイト
  • Date : 2016-09-24 (Sat)
  • Category : 研究
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。